チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2011年09月18日

輿石東

輿石東の存在が大きくなってきた。
もともと民主党参議院のドンであったが、野田政権で幹事長に就任すると自公対策も踏まえた情報管理を徹底させ、その存在感を高めている。


国会会期の延長問題にしても、前安住国対委員長のように軽々しくはなく、威厳を持ってこなしているようだ。
何せ、自民党の石原幹事長などとは親子ぐらいの年齢差があり、経験や風格も違う。


同じく権力を得た前原政調会長のように、言うだけ番長的なところもなく奥からも睨みを利かせそうだ。


政権に一本芯が通れば、野田内閣も当分安定して内外の問題に取り組むことが出来るかもしれない。
小沢一郎に近いところも、党内で物事を進めるのに有利に働くことになるだろう。


まだまだお手並み拝見的なところではアルが、ここに来て、ある程度長続きしそうな政権を国民が望んでいるのは間違いない。


ラベル:輿石東
posted by yasuucare at 10:30| Comment(0) | 政治家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。