チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2011年10月07日

ジョブズ死去

米アップルのスティーブ・ジョブズCEOの凄まじいカリスマ経営振りは改めて言うまでもない。
ジョブズCEOは、それまでの市場に無かった製品やサービスを創造し、世界中の人々に楽しみと喜びを与えてきた。


既存産業と社会に、想像も出来ないような変革をもたらし続けてきたのである。
それは、人間のずぼらさ、横着さに着目し、人間の本性を見つめなおしたとき、どんなものが求められるのかと言う人間主体のマーケット観から来ているものだろう。


高度な技術を誰もが使えるようにする、そのためにはキーボード不要、説明書不要、タッチパネルだけでパソコン並みの作業が出来るタブレット端末のiPadはその集大成。


電話を再発明するiPhoneやスマートフォン、音楽配信のiTinesとiPodなどどれをとっても画期的である。


あらゆる人間に便利さと喜びを与え続け、これからもその偉大なる役割を期待されていたジョブズCEOには、まだまだ多くの働きが期待されていた。
残念無念は通り越しているが、いまはユックリ休んでと申し上げるしかない。


ラベル:ジョブズ
posted by yasuucare at 10:14| Comment(0) | 事業家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。