チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2011年11月01日

小渕優子

小渕優子、自民党衆議院議員が衆議院本会議で代表質問に立った。


小渕優子は、小渕恵三元首相の娘である。
小渕恵三は冷めたピザと言われたが、どじょうを自認する野田総理とは、直面する課題に対する姿勢が全く違うと厳しい批判の矛先を向けた。


小渕恵三は宮沢元総理に大蔵大臣をお願いした。
これは、金融危機に立ち向かう強いメッセージの現れであったと。


今の大蔵大臣は余りにも小粒で信頼に足らないと言う強い皮肉でもある。
確かにそう思うえるフシがある。


現財務大臣は円高対策では闇雲に10兆円もの介入をするなど、日本の国の債務を膨らませファンドに利するだけのような気もしないではない。


自民党幹事長室の30年

自民党幹事長室の30年


自民党総裁選 権力に憑かれた亡者たち

自民党総裁選 権力に憑かれた亡者たち


ラベル:小渕優子
posted by yasuucare at 08:48| Comment(0) | 政治家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。