チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2011年11月07日

鳴門親方急死

鳴門親方が急死された。


日本相撲協会は7日、大相撲の元横綱・隆の里の鳴戸親方=本名・高谷俊英、青森県出身=が同日午前9時51分、福岡市内の病院で死去したと発表した。
死因は急性呼吸不全。59歳だった。葬儀・告別式の日取りは未定。


鳴門親方のようなお相撲さんは、若い頃から無茶食いと稽古のあけ暮れで寿命が短いと言うのが通説でもある。
それにしても59歳は若い。


鳴門親方は、二子山部屋に入門し、68年名古屋場所で初土俵。
糖尿病を克服して83年秋場所後に第59代横綱に昇進した。
糖尿病という持病を抱えていたわけである。


千代の富士と優勝を争うライバル関係を築き、当時大ヒットしたドラマから「おしん横綱」と呼ばれた。
優勝は4回で引退後は年寄・鳴戸を襲名、89年に鳴戸部屋を興した。


鳴戸親方は今年10月以降、週刊誌で弟子を角材で殴打したなどと報じられ、相撲協会から事情聴取されていたことでも有名になっていた。
新弟子の育成とリンチ的な指導方法は紙一重であり、今後も物議を醸す問題でもある。
ただ、こうした指導に耐え切れないと大関や横綱にはなれないのかもしれない。


鳴門親方の早すぎる逝去は、相撲界に健康管理という新たな波紋を投げかけるかもしれない。


相撲 スモウ ヘッドカバー[460cc対応]【HTC】

相撲 スモウ ヘッドカバー[460cc対応]【HTC】


まえだ 相撲おかき味の名勝負

まえだ 相撲おかき味の名勝負



ラベル:急死 鳴門親方
posted by yasuucare at 16:44| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。