チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2011年11月12日

鈴木明子SP首位

鈴木明子がグランプリシリーズ第4戦の札幌でSP首位に立った。


鈴木明子は、会心の演技でその場で飛び跳ね、観客からはスタンディングオベーションだ。
20年間のスケート生活で、初めてトリプルトリプルを降りられたと、納得のジャンプで波に乗った。


そして、演技点、技術点ともに全選手中で最高点。
自己ベストを5点以上も上回っての自信作であった。


一方、浅田真央は今期を下調べ的な位置付け。
しかし、慣らしとはいえ、いい加減なすべりは出来ない。


首位の鈴木明子に8点差の3位は、まずまずなのか、期待はずれなのか。
日本を引っ張って行くスターがモット現れて、上位が危機感を抱くようにならなければ、フィギュアスケートの未来には黄色の信号がともりだすことになるだろう。


フィギュアスケートのチケット情報満載!


フィギュアスケート オリンピック史上最高のパフォーマンス集II DVD

フィギュアスケート オリンピック史上最高のパフォーマンス集II DVD


全米フィギュアスケート選手権 ベストパフォーマンス集 DVD3巻セット

全米フィギュアスケート選手権 ベストパフォーマンス集 DVD3巻セット


ラベル:鈴木明子 SP
posted by yasuucare at 08:38| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。