チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2011年11月23日

立川談志さん死去

立川談志さんが死去した。75歳である。


立川談志さんは、毒舌やブラックユーモアで独自の世界を築きあげ、「落語界の風雲児」と呼ばれた。
日本テレビの人気演芸番組「笑点」の初代司会から政界進出、度重なる闘病生活と波乱に満ちた人生だった。


立川談志さんは、思い切ったことをずばずばということで一代を築いたのである。
敵も多いが味方も引き連れた。


97年、談志さんは高座で自ら食道がんであることを明かし、その後、数回手術を受けた。
最近は持病の糖尿病などで療養を続けていた。


今年3月にはストレス性胃潰瘍で一時入院。
その後、自宅などで療養していたが、体調不良が続き、治療に専念するため、落語の公演などを全てキャンセルしていた。


75歳というのは若いのか歳なのか分らないの年代である。
一世を風靡した風雲児にとっては、まだ若いというのが妥当な線かもしれない。


あちらの世でも、毒舌が絶えないとすれば、それはそれで住みやすいところかも知れない。


立川談志/立川談志 プレミアム・ベスト 落語CD-BOX(CD)

立川談志/立川談志 プレミアム・ベスト 落語CD-BOX(CD)


立川談志/談志百席 第三期(CD)

立川談志/談志百席 第三期(CD)




ラベル:立川談志
posted by yasuucare at 17:55| Comment(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。