チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2012年01月28日

小島慶子

小島慶子が26日、パーソナリティーをしているTBSラジオ「小島慶子 キラ☆キラ」の降板を認めた。


小島慶子は、同日付日刊スポーツの報道を受け、同番組内で「私のできることは終わりました」と、3月末で降板することと経緯を説明した。


小島慶子は番組冒頭、昨年末までに降板を申し入れ、了承されたことを明かした。
理由は、小島慶子と局側の番組に取り組む姿勢の違いだった。


小島慶子によると、新たなリスナーの獲得など数字を求める局側からは「40〜50代の自営業の男性に共感を得られる話をしてほしい」と要望されたという。


しかし、「ちょっとしたことでも喜んでくれる人がいたらと、今、聴いている人に話しかけている。聴いていない人を呼び込む話はできない。局の求める役割と私のできることは違う」。
と、信念を曲げなかった。


仕事への思いは人それぞれであり、それを貫ける人とそうでない人とがいる。
小島慶子の勇断には喝采を送ると共に、恨めしくも思われる。


【送料無料選択可】カメラマンたちが見た小島慶子 KEIKO KOJIMA/KeikoKojima/〔文〕 TsuranukuKumagai/〔撮影〕 MasashiHashimoto/〔撮影〕

【送料無料選択可】カメラマンたちが見た小島慶子 KEIKO KOJIMA/KeikoKojima/〔文〕 TsuranukuKumagai/〔撮影〕 MasashiHashimoto/〔撮影〕



ラベル:小島慶子
posted by yasuucare at 15:12| Comment(0) | アナウンサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。