チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2012年05月09日

世界一の美女

世界一の美女にアメリカのビヨンセ。


「女性は最初の子供を産んだ後が、一番美しい」というのが巷の定説になっている。


それを実証するかのように、1月に娘のブルー・アイヴィちゃんを出産した歌手のビヨンセ(30)が、米芸能誌ピープル恒例の「世界一美しい女性」に選ばれた。


世界一とはどこの何が基準になっているのかな?


22年前にスタートした同誌のこの特集で、アフリカ系が選ばれたのは9年前の女優ハル・ベリー以来2人目。昨年は歌手で女優のジェニファー・ロペスが、ヒスパニック系として初めての栄冠をつかんだ。


アジア系は未だにゼロ。金髪碧眼が今でも大モテで、美女であふれる米映画TV界の女優の絶対数が白人系で占められるだけに、2年続きのマイノリティーは嬉しい人選だ。


嘘でもいいから世界一の美女と言われたい願いは、女というまれたからには誰しもが・・。






ラベル:世界一の美女
posted by yasuucare at 16:04| Comment(0) | 歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。