チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2012年11月20日

大島優子 炎上商法?

大島優子が炎上商法?


AKB48の大島優子が、18日に行われた映画『悪の教典』の「AKB48特別上映会」イベントを途中退席し、ブログで作品を批判したことが波紋を広げている。


同映画は貴志祐介のベストセラー小説を原作に、伊藤英明の主演で三池崇史監督がメガホンをとったバイオレンスホラー。伊藤演じる高校教師が生徒たちを皆殺しにするというショッキングな内容が描かれていることから「R-15」指定を受けている。


大島優子は、自身のブログで「私はこの映画が嫌いです。人の命を大切にしないことは、認めません。命が奪われていくたびに、涙が止まりませんでした」と作品を批判。
この一連の騒動を報じたスポーツ紙の記事がネット配信されたが、公開から1時間ほどで削除された。


大島優子は、19日付のブログでは「ニュースにもなったりと、お騒がせしました。関係者のみなさん、ご心配かけました」と謝罪し、「あまりにスクリーンの中に感情移入してしまい、取り乱してしまいました。ごめんなさい」と理由を説明。


だが、作品については「でも、私はあの映画が嫌いです。すいません」と変わらぬ感想を綴っている。
が、周りは意外と冷静に受け止めている。
というのは、この映画をPRするためのやらせ炎上商法だと?


oosima.jpg






posted by yasuucare at 11:43| Comment(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。