チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2012年11月22日

鳩山元首相 今後も沖縄問題に関わりたい

鳩山元首相が衆議院選挙に出馬断念を表明したが、現民主党のやり方に悔しさをにじませた。
と共に、今後も沖縄問題にかかわりたいとのコメント。


鳩山元首相は、小沢一郎と共に民主党政権を樹立させた立役者。
行政改革、官僚手動打破で活躍しかけたが、闇の力で引きずりおろされてしまった。


沖縄問題で、「最低でも県外」は、素晴らしいスローガンだった。
それをマスコミはあらゆる手段を通じてアメリカ支配の傀儡となって非難し続けたのだ。
基地移転が難しいことぐらい鳩山元首相が分からない訳ではない。


ともかくのスタートを切ったことに意義があるのに、実現をすぐに迫ったのはイカサマもいいところだ。
その後の政権を見ても何も出来てはいない。
しかし、マスコミは批判すらしない。


消費税増税など、もともとあり得なかったことを勝手にブチ上げ、鳩山元首相や小沢一郎を追い出してしまったのだ。
そして、福島原発の後始末のいい加減さ。
菅元首相などは、被害を更に大きくした張本人なのに、知らぬ存ぜぬだ・・。


消費税増税やTPPにはとても賛成できない。容認できない。
鳩山元首相の潔さである。
もうこれ以上自分が育てた民主党を汚されたくなかったのだろう!


政策も何もなしに政権にしがみつく醜い民主党議員たちが、いかにも哀れに見えてくる・・。


posted by yasuucare at 11:13| Comment(0) | 政治家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。