チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2012年11月29日

黒田投手

黒田投手が、日本人最高年棒をけってヤンキースに残留していた。


ヤンキースの黒田博樹投手(37)がレッドソックスからの「日本選手歴代最高年俸オファー」を断り、ヤ軍に残留していたことが27日(日本時間28日)、分かった。


レ軍関係者によると同地区のライバル球団から右のエースを引き抜くため、年俸1800万ドル(約14億7600万円)の1年契約を用意していた。


さらに同関係者は「獲得可能なら、さらにオファーを上乗せする用意もあった」と明かした。
日本選手の歴代最高年俸はイチローの1800万ドル(09〜12年)。レ軍へ移籍すれば、単独トップとなることが確実だった。


しかし、黒田はジーター、ペティットら主力選手からの強い引き留めもあり「今年戦った仲間と世界一に挑戦したいと思った」と決断。


レ軍より最低でも300万ドル(約2億4600万円)低い、ヤ軍の1年1500万ドル(約12億3000万円)のオファーを選んだ。


黒田投手は、将に人生意気に感ずだ。
自分が望む目的のためには2.5億円ぐらい袖にするのも厭わない。
ある意味、男である。日本男児だ。


政治の世界では、嘉田滋賀県知事が日本未来の党を立ち上げたが、国民の生活が第一の小沢一郎氏が将に大2極を結集させた結果である。
小沢一郎の意気に感ずるやり方は、黒田投手の行いと相通じるところを感じる。


ラベル:黒田投手
posted by yasuucare at 21:35| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。