チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2012年12月01日

日本未来の党 嘉田知事

日本未来の党の嘉田知事の受け答えがしっかりしている。
信念に基づいた発言であり、政治家としても本物らしさを漂わせる。


嘉田知事は日本記者クラブでの討論でで色々意地悪い質問を受けているが、あっさりと、しかも自信を持って応対をしている。


特に小沢一郎への批判については、「小沢さんを使いこなせずに官僚を使いこなすことは出来ない。今までいろんな人が小沢さんの力を利用してきた。私は小沢さんの力をお借りしたい。」と。
素晴らしいコメントである。


今までの政治家は、マスコミと一緒になって小沢一郎を批判し、悪者にすることで人気を上げてきた。
しかし、それはねつ造された悪だくみ以外の何物でもなかった。


小沢一郎には50人近い議員が一緒になって付いてきた。
今回の新党未来への国民の生活が第一の合流にしても一糸乱れない結束だ。
これは小沢一郎その人を信じないで決して出来ることではない。


土壇場になって泥船の民主党からこそこそと逃げ出すのとはわけが違う。


みじめなのは菅直人。
未だに小沢一郎を担ぐと党がダメになるなどとホザイテいる。
普通、前総理なら応援演説の依頼がひっきりなしのはずだが、誰も頼みに来ない。
ひとりで自分の選挙区でビール箱の上で演説をしているらしいが、振りむく人もないとか・・。


平気で仲間を裏切り、自分だけが目立ちたい様な奴に民主党議員までがそっぽだ。


比較するべくもないが、嘉田知事や小沢一郎の仲間に対する熱情は半端ではない。
だから、回りがついてくるのだ。
自発的な市民のボランティアもどんどん増えていると聞く。


日本版オリーブの木構想で国民連合的なつながりも出来つつある。
多くの国民が政治に関心を寄せ、理解を深めて自分たちの国を良くしようという意識が目覚めた。
日本未来の党にとって将に頼もしい限りである。


posted by yasuucare at 10:14| Comment(0) | 政治家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。