チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2012年12月27日

松中外野手

ソフトバンクの松中外野手の年棒が4年で5億円から7千万円と1/7に。


減棒金額もケタ外れなら、減棒率も半端ではない。
しかし、なお7千万円も年収がある・・。
プロ野球選手は力を付けていないとダメな証拠だ。


ソフトバンクの松中信彦外野手(39)が26日、ヤフーD内の球団事務所で代理人を伴って契約更改交渉を行い、野球協約で定められた減額制限40%を上回る1億3000万円減の7000万円プラス出来高の1年契約でサインした。


今季で7年の超大型契約が満了し、年俸は09年の5億円からわずか4年で約7分の1まで急落。
1億円以上の大幅ダウンは自身3度目で、金本(阪神)の2度を上回る最多となった。


まったくハッピーではない自身39度目のバースデーとなった。
交渉を終えた松中は「成績を残せなかったのでしようがない。来年取り返すぞ、という気持ち」と淡々と話し、再出発を誓った。


プロい野球選手は結果がすべて。
身にしみた思いの松中外野手なら、カムバックもありそうだ。


ただ、ケタがもう一つ違うが大リーグヤンキースのイチローや黒田投手は、2億円減棒になっても他球団へ移籍しなかった。
それはヤンキースで野球をしたいという純粋な思いから・・。


年棒だけではないプロ野球魂の様な所を松中外野手にも期待したい。


ラベル:松中外野手
posted by yasuucare at 10:30| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。