チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2012年12月30日

松井秀喜

松井秀喜の殿堂入り論争が勃発している。


日米20年の現役生活にピリオドを打った松井秀喜外野手の功績を巡って殿堂論争が勃発した。
米NBCスポーツ電子版は28日、「マツイに関しては論争になるのでは」と殿堂入りの可能性も0ではないとした。


松井秀喜は今季でメジャー在籍10年の殿堂資格をクリア。
17年オフには有資格者として投票リスト入りが濃厚だが、通算175本塁打のメジャー実績だけなら物足りない。


ただ同電子版は「日米合わせたら殿堂級」と計507本塁打、1649打点をマークし、1250試合連続出場の功績にも敬意を表した。


どうせなら大リーグのワールドシリーズでMVPの実績のある日本人スラッガーとして松井秀喜の殿堂入りを願いたい。


過去に多くの日本人プロ野球選手が大リーグに挑戦してきたが、野茂とイチロー松井秀喜あたりは別格だ。
日本の野球のレベルを占う意味でも、殿堂入りが実現出来れば素晴らしいことである!


ラベル:松井秀喜
posted by yasuucare at 21:15| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。