チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2013年01月02日

松井秀喜の夢

松井秀喜が大学生になる夢を実現させるかもしれない。


昨季限りでの現役引退を昨年末に表明したばかりの松井秀喜氏(38)が将来かなえたい3つの夢を抱いていることが31日、分かった。
(1)大学入学(2)米国に拠点を置いての生活(3)高校野球の監督−が2013年の“初夢”。


松井秀喜は、「生きている以上は、何かを学ぶのは大切なこと。そういうことに時間を費やしていきたいと思っています」と。


引退表明の記者会見で語ったように、現役時代から向学心旺盛で読書家でもある松井秀喜が以前から抱いていた夢の1つが大学進学だ。


石川・星稜高時代は入学当初から進学も視野に入れて勉強にも力を入れていたが、ドラフト1位で指名されて巨人入り。
華やかなキャンパスライフは送れなかった。


元巨人の桑田氏(早大入学)ら引退後に大学入学を果たした選手は多い。
松井秀喜も常々、「大学に行ってみたかった」と口にしており、今後はスポーツ分野を含めて興味のある学問の分野を絞った上で志望校を決定。


高校時代からひそかに憧れていた日本の有名私大だけではなく、世界から人材が集まるニューヨークの大学も選択肢に入れながら、勉強に勤しむつもりというのも大きな夢の一つだ。


人生まだまだこれから先は長いもの。
大学のキャンパスで学びながら、人生の過ごし方を考えてみるのも悪くはない・・。


松井は既にプロ野球のジャンルでは超一流の勲章を得た身である。
そのプライドを保ちながら、新たなステップを刻むのはたのしいチャレンジでもあり人間修行でもあるだろう。


謙虚にさえ身を保っていれば、あらゆるところから優しく手を差し伸べてくれることが実感できるはずである。


ラベル:松井秀喜
posted by yasuucare at 17:44| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。