チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2013年01月11日

千野志麻アナ 交通死亡事故の「謎」

千野志麻アナ交通死亡事故に浮上したいくつもの「謎」についてネットや週刊誌がやかましい。


元フジテレビのフリーアナウンサー・千野志麻が、1月2日に宿泊していたホテルの駐車場で看護師男性をひいて死亡させた事件を受けて、文化放送のレギュラー番組を降板することが正式発表された。


ホテル駐車場内で、千野一家が外出する際に起きた事故ということもあり、「駐車場で成人男性をひき殺すほどのスピードを出していたのか?」「徐行していたならなぜ死亡してしまったのか」といった疑問も噴出していた。


時刻は夕方5時頃でかなり薄暗かった。千野の運転する大型車は時速10〜20キロほどのスピードで走行していたものの、自身の車を停めて通路に出てきた男性に接触。


もっとスピードがあれば、男性が衝撃で跳ね飛ばされた可能性もあるが、速度が出ていなかったことが災いし、うつぶせに倒れた男性の上に前輪が乗り上げてしまい、自動車ごと被害者を押し倒すような形になってしまったのだという。


六本木の高級マンション住民からの厳しい声を掲載しており、いわく「マンションの狭い駐車場でも乱暴な運転をしてスピードを出していた」「荷下ろしするのに車で通路を塞ぎ、迷惑をかけても平然とした表情」と彼女の傲慢な態度を指摘して陰口を叩く人もいるという。


弱り目に祟り目とはよく言ったもので、千野志麻アナの交通事故を受けてよからぬ噂もあれこれ・・
いずれにしても、死亡事故だから千野志麻アナも、それなりの償いが必要だ!


ラベル:千野志麻
posted by yasuucare at 15:55| Comment(0) | アナウンサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。