チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2013年01月24日

斎藤佑樹投手

斎藤佑樹投手が栗山監督からの手紙で号泣。


日本ハムの栗山英樹監督は23日、横浜市内で開かれた全日本大学野球連盟の監督会で講演し、昨季、2年目の斎藤佑樹を開幕投手に指名したときのエピソードを披露した。


「若くて安定感のある投手を育てないといけない」という理由から、オープン戦で芳しい結果が出ない斎藤に開幕を任せると決断したのは、開幕のほぼ2週間前。


「開幕戦を頼む」と書いた手紙を渡すと、斎藤は号泣したという。「『この人は本気なんだ』と思ってもらえたんだろう。自分も『こいつは大丈夫だろう』と手応えを感じた」と語った。
斎藤は1失点完投で、西武に9―1で完勝した。


昨今、大阪の高校での体罰自殺の話題が大きく取り上げられ、批判の矢面である。
しかし、選手や人を育て上げるのはムチばかりでは如何ともできないものだ。


また、その体罰を盾に高校の受験をどうのこうのとは、話がまるっきり違う時点のこと。
如何に子供たちを育て上げるかという視点が抜けがちだ・・。


ラベル:斎藤佑樹投手
posted by yasuucare at 20:44| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。