チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2013年01月27日

日馬富士

大相撲初場所14日目、横綱日馬富士が大関鶴竜を寄り切りで破り14連勝、2場所ぶり5度目の優勝が決まった。
日馬富士は横綱昇進後2場所目で初めての優勝となった。


日馬富士は「横綱としての初優勝なので本当にうれしい。悔いのない相撲を取ることに集中していた。(千秋楽の横綱対決は)お客さんが喜ぶ相撲を取り切って終わりたい」と喜びを語った。


今日は折しも20年前に曙が初の外国人横綱に、貴花田は大関に推挙され貴ノ花と改名(1993)した日だ。


大相撲は日本の国技だとは言え、強い横綱大関はモンゴル出身や欧州の外国人に浚われている。
ただ、横綱という今の地位に昇り詰めるまでには、どれだけの苦労があっただろうか・・?
相撲界のいじめは、並大抵な我慢では克服できないと聞く・・。


外国人力士は単に体が大きいというわけだけではない。
当初の高身山や曙は、確かに大型力士であったが、今の日馬富士などは普通のお相撲さん。
ただ、精神力と陽気な性格は素晴らしいものを持っているようだ。


世界中、何処にいても苦労をすれば、きっとどこかでは報われるのだろう!!


今日は何の日プレゼント




ラベル:日馬富士
posted by yasuucare at 14:31| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。