チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2013年02月01日

内柴正人被告 

内柴正人被告に懲役5年の実刑判決が下された。


指導していた大学の女子柔道部員を合宿先のホテルで乱暴したとして、準強姦罪に問われたアテネ、北京両五輪の金メダリスト・内柴正人被告(34)の判決公判が1日、東京地裁で開かれ、鬼沢友直裁判長は検察側の求刑通り懲役5年の実刑判決を言い渡した。


判決理由について鬼沢裁判長は「被害者の証言は十分信用できるが、被告の供述は全く信用できない」とした。


「性的関係は合意の上」と無罪を主張する被告の供述と女子部員の証言内容が食い違い、双方の信ぴょう性が争点となっていたが、検察側は12月26日の論告求刑公判で「被告の性道徳観念は破綻しきっている。
このまま社会に出すのは危険。矯正施設に収容すべきだ」として懲役5年を求刑していた。


柔道は講道館精神を尊ぶものと教わった。
強姦罪で告訴されるなど、初めから精神も何もあったものではない!


柔道の指導者と選手、あるいは学生との関係は、ある意味子弟以上のはずである。
暴力行為や、体罰、苛め、みだらな関係を迫るなどが許されるはずもない!!


ラベル:内柴正人 被告 
posted by yasuucare at 12:07| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。