チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2013年03月26日

タイガー・ウッズ世界NO1

タイガー・ウッズが世界NO1に返り咲いた。


雨天順延になったアーノルド・パーマー招待試合は、最終日ウッズが2アンダーで手堅く回り通算13アンダーで2位のローズに2打差で逃げ切った。


これで、タイガーウッズは再びフェデックスカップランキングで世界NO1である。
さすがと言うほかない。


尚、石川遼は前日にプレーを終えており、通算6オーバーの65位タイに終わった。
トップのウッズとは通算19打差である。
4日間でこれだけの差だから、毎日ほぼ5打差がついていたことになる。


世界のトップは、まだまだ雲の上なのだろう・・。


こうしてみると、日本のゴルフでは女子なら宮里藍などが世界のトップに手が届くところにいるが、男子の場合はアマの松山がアマで頂点に立ったぐらい。
今度松山はプロ宣言でトーナメントに出てくるが、彼を待つしかないのかな?


posted by yasuucare at 06:02| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。