チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2014年02月25日

デュビッソン

アクセンチュア世界ゴルフマッチプレーは、オーストラリアのジェイソン・デイが優勝して幕を閉じました。


ジェイソン・デイは実力者で、マスターズなどではいつも上位に来ており、優勝まであと一歩というところでしょうか。


今回のマッチプレーの優勝も、決してフロックではなく、確率的にもそれなりのものがあったと思います。
ジェイソン・デイおめでとうです。


しかし、今回取り上げたいのは惜しくも2位になったフランスのデュビッソンです。
フランスで世界的なゴルフ選手と言えば、全英オープンであと一歩のカーヌスティの悲劇のバンデベルテを思い出しますが、あとは記憶にないですね。


今回のデュビッソンもマッチプレー初出場でした。
しかし、飛距離もあり小技もうまいのです。
特筆すべきは、ポーカーフェイスというかメンタル面がとても強いことですね。
だから、パットもここぞという時には必ず入れてきます。


今回はそれに加えて、砂漠のゴルフ場の中で枯れ木やサボテンに遮られて、不可能だと思われる状況から将に奇跡のアプローチで2度パーを拾い、デーにプレッシャーをかけたのです。
あんなショットは見たこともない、おそらく練習もできないショットでしたが、余り悩まずにスッと打ち抜いたのです。


これには、ジェイソン・デイも呆気にとられて苦笑するしかない感じでした。


こんな流れだったので、神様はデュビッソンにご褒美を下さるのかと思っていましたが、やはりデイの力が少し勝った様です。


延長23ホール目の決着までのマッチプレー、テレビの前から離れることができませんでした。
デビュッソン、ナイスプレー!!


posted by yasuucare at 08:16| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。