チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2014年06月23日

ミッシェル・ウィー

ミッシェル・ウィーが全米女子オープンで圧倒的な強さの優勝を果たした。


もともとウィーは飛距離では秀でていたのだが、パターが課題であった。
そのパットを、背の高いウィーが半分かがみこむ様な独特のスタイルで再現性の高いラインを出し易いものに作り上げたのが勝因だと思う。


そして、メンタル面での強さだ。
最終日の土壇場16番ではバンカーからの2打目がロストになるかもしれなかったが、何とか見つかりアンプレアブル宣言をして75ヤードのところまでバックして4オンさせダボで凌いだ。


あそこで浮足立っていたら残り2ホールも危なかっただろう。
ところが17番では抜群のパターでバーディーを奪い勝利確信したのだと思う。
18番のティーショットは完璧でセカンドもショートアイアンで問題なしであった。
あんなゴルフをされたら、女子では対抗できる人はほとんどいないだろう!


ミッシェル・ウィーははやくから天才少女ともてはやされ、男子プロの試合に出るなどしていたが、スランプで消えかかってしまったことがある。
しかし、自分のスタイルを見つけ、大学にも入って余裕が出てきたのか随分と大きく成長したなと思う。
まだまだウィー旋風が吹き荒れるだろう。


ミッシェル・ウィーおめでとう!!


posted by yasuucare at 08:59| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。