チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2014年12月01日

呉清源

呉清源さんは昭和の最強の囲碁棋士と言われたが、人生も100歳までまっとうし逝去された。


囲碁の革命といわれた「新布石」を編み出し、戦前から戦後にかけて読売新聞社主催の打ち込み十番碁で無敵を誇った昭和最強の棋士、呉清源(ご・せいげん)さんが、30日午前1時11分、老衰のため神奈川県小田原市内の病院で亡くなった。100歳だった。


呉清源さんの話は、囲碁を知らない人でも耳にしたことがあるかもしれない。
数々の斬新な新布石は、今なお輝き研究にも値していると思う。


人の命は大きな功績を残した人にはあまりにも短いものだと思う。
将に昭和の巨星落つである


ラベル:呉清源
posted by yasuucare at 08:20| Comment(0) | 文化人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。