チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2014年05月17日

松本人志

人気お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(50)は11日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演し、“美味しんぼ問題”について言及した。


自身も映画監督として活躍していることを踏まえ、「最近はみんなすぐに抗議をする。政治なら分かるけど、作品は違う。作者のもので、みんなでつくるものではない。


外部の人間が『ストーリーを変えろ』というのはおかしい」などと持論を展開した。


確かに、漫画のストーリーに国の大臣までが向きになって躍起に反論する姿は異常である。
しかも、鼻血が実際に出た人は大勢いるのだ。
勿論因果関係は分からない。
しかし、絶対に無関係というには危険すぎる話だろう。
ラベル:松本人志
posted by yasuucare at 21:26| Comment(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

桂歌丸

桂歌丸が肺疾患と肋骨骨折で入院している。
笑点の司会は誰になるのだろうか?


桂歌丸は3月20日に仕事を終え、大阪から帰宅中に咳き込み、胸に痛みを覚えた。
しばらく我慢したものの、痛みが引かず29日に横浜市内の病院へ行き、慢性閉塞性肺疾患と左側肋骨の骨折と診断され入院した。


退院は未定。
今月収録の「笑点」は欠席する。


笑点は、以前ほど軽快な笑いの番組とはいかない感じで、随分と質が落ちた様にも思う。
しかし、その時々のお笑いや時事番組を巧みに取り入れ、司会者の軽妙な受け答えと座布団の数で、相変わらずの人気番組だ。


今のメンバーから、司会者を出すとなれば大変だろうが、司会者の席に座ればそれなりの役目を果たせるのかもしれない・・。
また、誰がなるのかも楽しみだ。
ラベル:桂歌丸
posted by yasuucare at 15:02| Comment(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

かわいすぎる女芸人

かわいすぎる女芸人は、田中聡美。
(参照元:http://news.goo.ne.jp/article/mycom/entertainment/mycom_690456.html


かわいすぎる女芸人は、吉本ガールだった。
本当に可愛いのか、仕組まれたのか・・?


マスごみの世論調査がいい加減だから、ついつい疑ってしまうことに・・。
ラベル:女芸人
posted by yasuucare at 20:06| Comment(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

斉藤清六

斉藤清六さんが急上昇の人気ワードに。


中居正広の怪しい噂の集まる図書館で、萩本欽一さんに斉藤清六さんが一千万円を差し出した?
とか言うクイズがあったよう。


真相のほどは別にして、萩本欽一さんは斉藤清六さんを芸は別にしても高く買っていたよう。
台詞はタドタドシイが人柄だった。


お笑い芸人でも立川談志程になると死してDVDが山のように売れ、特集も色々と組んでもらえる。
それは噺家とは言え築いてきた文化でもある。


斉藤清六さんの場合は、勿論まだご存命で、かつチョコチョコと活躍されている。
一世を風靡とまではいかなくても、人の記憶の片隅には残っている。


最近また復帰の話がこぼれている島田紳助とは比較にならないかもしれないが、真面目に世の中を渡るということを教えてくれる芸人である。




TV テレビ / 欽ちゃんのどこまでやるの! DVD-BOX 〔DVD〕

ドラマ / 必殺橋掛人 DVD-BOX 〔DVD〕
ラベル:斉藤清六
posted by yasuucare at 16:12| Comment(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

松嶋尚美

松嶋尚美が男児を出産した。


お笑いコンビ・オセロの松嶋尚美(40)が14日、第1子となる男児を出産した。
予定日より2週間早い出産で、自身のブログで「先ほど元気いっぱいの男のコを産みました」との報告である。


所属事務所によると母子ともに健康で、ブログではベッドの上でピースサインを送る写真を掲載している。


松嶋尚美は2008年にロックバンド「マーサス・サウンド・マシーン」のボーカル、ヒサダトシヒロと結婚している。


松嶋尚美は4月29日に第1子を妊娠5週目と一時休養を発表し、5月28日の仕事復帰の際に出産予定日を12月28日と報告していた。
おめでたい事である。


世の中を明るくするのにお笑いは不可欠である。
しかも女性のよさを生かしながらのお笑いには、尚求められるものが多い。


女性らしさとお笑いのギャップをどう裁いていくのか、課題は多いが、女性として母としての地位を獲得した今、松嶋尚美の今後が大いに期待できる。
年末に明るい話題を提供してくれたのも、お笑い故なのだろうか。


笑福亭鶴瓶/松嶋尚美(オセロ)/きらきらアフロ 2008

笑福亭鶴瓶/松嶋尚美(オセロ)/きらきらアフロ 2008


きらきらアフロ in 武道館2007 (DVD)

きらきらアフロ in 武道館2007 (DVD)
ラベル:松嶋尚美
posted by yasuucare at 12:12| Comment(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

島田紳助のツーショット写真

島田紳助が山口組NO2との写真を取っていることがフライデーの記事で明白になった。


島田紳助は芸能界引退宣言以来、どうしているのかニュースも多くは伝わってこない。
しかし、いい加減な行動をしていたこと自体は疑いなさそうである。


山口組NO2の高山若頭は絶対の存在のようで、誰もその座を脅かせないとか。
そんな人とのツーショット写真だから、さぞかし御威光も強かったのではと推測する。


引退会見で島田紳助は、暴力団関係者との写真について「あるわけない」と断言している。
報道陣に対し「ウソをついていたら、みんなの前で腹を切ります」と語っていた話はどうなっているのか。


引退してしまえば、すべては過去の話に葬り去られるのだろうか。
ラベル:島田紳助
posted by yasuucare at 05:46| Comment(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

児嶋 一哉

児嶋 一哉は、お笑い芸人であり、お笑いコンビアンジャッシュのボケ担当で輝いている。


児嶋 一哉の特技はマージャン。
何と、プロ雀士の資格を持っている。
取得した理由は、周りの人達に「すごい」と言われたいためだけと言っているが、なかなか並たいての努力では到達できない所でもある。


したがって麻雀卓を囲むことも多い。
麻雀メンバーには明石家さんまがいるということで、明石家さんまとは週1回程会って麻雀をしているという話だ。
手を抜いてマージャンをしているのか、真剣なのか、勝率はどうなのかは不明である。



児嶋 一哉は、明石家さんまとは頻繁にメールをしあう仲でもあり、本人曰く「ある意味、一番仲がいい芸能人はさんまさん」と述べている。


色々な意味で、芸は身を助けるということだろう。
ラベル:児嶋 一哉
posted by yasuucare at 08:35| Comment(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

島田紳助

島田紳助は引退しても色々話題に事欠かない。
週刊誌を覗き見るだけでも、とんでもない野郎だと思わせられる。


島田紳助が蒼くなった「山口組五代目の1000万円腕時計」
これは何だ。
もらうにもらえないが、出したほうも引っ込みがつかない。
「五代目に恥をかかすわけにもいかない」ので弱ったものだろう。


その筋では暴力団フロント扱いされている島田紳助であるが、逮捕情報が飛び交っているとか。


吉本興業も事情聴取をヒタ隠しにしているようだ。
芸人と組長とはなかなか切っても切れない関係のようである。
ラベル:島田紳助
posted by yasuucare at 07:04| Comment(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三遊亭好楽

三遊亭好楽は、落語家と言うよりも笑点の大喜利メンバーとしての方が名前も顔も売れている。
なかなかの憎めないキャラクターでファンも多い。


お酒が滅法強く大の競馬ファンでもある。
はなし家になるには、酒やばくちは必須のたしなみかもしれない。
勿論、三遊亭好楽と名乗る以上、それなりの落語ネタもこなせなければならないのは当然である。


ただ、落語での昇段の道筋に関しては、結婚することになり「前座で祝言挙げるんじゃ格好がつくめぇ」と言われて二つ目に昇進させてもらう事となったエピソードもある。


落語家は山あり谷ありである。
その典型を行くような三遊亭好楽であるが、帰国子女で8歳までカナダ在住していた。
英語とフランス語が堪能で奥さんはオーストラリア人。娘はイタリアでモデル修行中という華やかな一家でもある。


何でも出来る一面であるが、意外にも運動神経は抜群で趣味のスカッシュではシニアランキング日本4位とは驚きである。
ゴルフはシングルプレイヤーで、だてにクラブを振り回してはいない。


落語家と言っても何でも出来なくてはならないようである。
ラベル:三遊亭好楽
posted by yasuucare at 07:02| Comment(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

島田紳助

島田紳助が芸能界を引退してから2週間余りが経つ。
島田紳助の引退の影には暴力団というのは余りにも有名だが、周りだけの影響でもないようだ。


芸能人は何かにつけよく比較されることになるが、ビートたけしとの比較がもっぱらで天地の差がある。
ビートたけしは情に厚く、若手芸人に対しても気遣いがものすごい。


食事の場で偶然見かけたら若手芸人の分も支払っていたなんて当たり前。
お礼を言いに行くと「アンちゃんたちが売れたら、おいら使ってくれよな」なんて夢のある言葉も。


一方の島田紳助は、ヘタに名前を出したら因縁をつけられそうだと誰も庇わない。
負のエピソードが一杯だそうだ。


何かの番組で「高校の後輩が挨拶きたけど名前覚えてない、コンビ名も知らない。どうせ2、3年で消えるだろ、消えてなかったら俺が消す。」なんて豪語してたらしい。


思い上がりも甚だしいようだ。
やばくなったので「ハイさよなら」だけは素早かったようだ。

ラベル:島田紳助
posted by yasuucare at 21:31| Comment(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。