チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2016年06月22日

D・ジョンソン初優勝

D・ジョンソンが全米オープンに初優勝しました。


D・ジョンソンの初優勝は、あの飛距離と小技の柔らかさのたまものでしょう。
体感力が素晴らしく強く、かつメンタル面でもしっかりしていると思います。


D・ジョンソンが最後にスーパーショットを見せ、初優勝を自らの手でたぐり寄せました。18番(パー4)の第2打の残り約190ヤードをピンそば約1メートルにつけたのです。


総立ちになった観客の前でバーディーパットを沈め、3打差で追っていた最終組のローリーを引き離しました。


D・ジョンソンは「ファンからこんなに多くのサポートを得られ、助けになった」。
昨年は1打差の2位に泣いた31歳ですが、ついに栄冠をつかんだのです。


posted by yasuucare at 07:54| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

モハメド・アリ

伝説のボクサー、モハメド・アリさんが3日、亡くなりました。


モハメド・アリで思い出すのは、蝶のように舞い蜂のように刺すといわれたフットワークと鋭いパンチですが、アントニオ猪木との世紀の一戦も忘れられません。


スポーツと見られていなかったプロレス界の男と、五輪金メダルをとった世界一のボクサーが試合をし、八百長で引き分けになるのではという見方もあり、一気に興味が膨れあがったのでした。


やはり強い男はいつの世でも憧れの的なのです。
posted by yasuucare at 08:07| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

ダルビッシュ、復活勝利

ダルビッシュの復活勝利は多くのスポーツマンだけでなく一般の人にも希望を与えてくれました。


ダルビッシュは最初の打者にヒットを打たれて冷静さを取り戻し、その後5回の先頭打者までヒットを許していないのです。


初回から98マイル(約158キロ)の真っすぐを投げるなど、右肘靱帯修復手術(通称トミー・ジョン手術)明けとは思えないほど、豪快に力でねじ伏せ、5回を3安打1失点で一昨年7月以来の勝利となりました。


万全の備えと自信がダルビッシュをよみがえらせたのだと思います。
まだ、この先のことは簡単には予想できませんが、さらに進化していく姿をダルビッシュが見せてくれるものと思います。
posted by yasuucare at 08:02| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

錦織 ジョコビッチの壁

錦織がジョコビッチの壁を突き破れない。


テニスのマドリード・オープンは7日、マドリードで行われ、男子シングルス準決勝で第6シードの錦織圭は、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(28=セルビア)と対戦しました。


錦織は好ゲームを展開したが、3―6、6―7で敗れ、2年連続準決勝敗退、マスターズ大会の優勝はまたもお預けとなりました。


今のジョコビッチは世界最強というより、かなり抜きんでたダントツの1位だと思います。
だから2位以下の選手がいくら立ち向かってきても問題にならないのでしょう。


錦織がジョコビッチを破るには、もっともっと錦織のテニススタイルを完成させなければなりません。
いつのことになるのでしょうか?
posted by yasuucare at 08:00| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

10年ぶりVの大山志保

10年ぶりVの大山は賞金全額を熊本地震被災地に寄付すると表明しました。
ありがとうございますとともに、女子ゴルフも戦っているのだと感じました。


女子ゴルフの第35回フジサンケイレディスクラシックを10年ぶりに制した大山志保は24日、熊本地震の被災者支援のため、優勝賞金1440万円を全額寄付する意向を示しました。


高校時代を熊本で過ごした大山は「一日でも早く復興し、元気になってもらえるよう、皆さんを支えていきたい。女子プロゴルファー全員で力を合わせ、支援していく」と訴えたのです。

 
また、大山は2011年の東日本大震災発生に際しても500万円の義援金などを送っている実績があり、寄付の話は今回が初めてではありません。


こんな話を聞けば益々女子ゴルフを応援したくなりますね。



ラベル:大山志保
posted by yasuucare at 20:22| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

松山英樹は7位

松山英樹は7位、優勝はウィレットの結果となったマスターズであった。


それにしても、マスター儒優勝のチャンスは十分にあった感じの松山だが、最終日に伸ばせないのであれば優勝には手が届かない。


テレビで見ていて残念だったのは、5ヤード以内のチャンスについたバーディーパットが全く入らなかったところである。


チャンスをいかせねば栄光は手に入らない。


男子ゴルフの今季メジャー初戦、マスターズ・トーナメントは10日、米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナルGCで最終ラウンドが行われ、首位と2打差の3位から出た松山英樹は、4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの73で回り、通算イーブンパー、288で7位に終わった。


日本選手でグリーンジャケットに手が届きそうな唯一の光が松山英樹だ。
果たして、どこまで迫れるのか、手が届くのか・・。
ラベル:松山英樹
posted by yasuucare at 14:35| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

石川遼

石川遼が結婚を発表しました。


プロゴルファーの石川遼が2日、以前から交際していた一般女性と結婚したことを自身の公式サイトで発表しました。


石川遼は「ファンのみなさまへ」と題したメッセージで、「私、石川遼は、かねてからお付き合いをしていた一般女性の方と本日入籍した事を慎んで報告させていただきます。これからもプロゴルファーとしてさらに成長できるよう頑張っていきたいと思います」などとつづりました。


石川遼は2011年10月にマネジメント会社を通じてこの女性との交際を公表し、12年に婚約していたのです。


これを機に、体調を万全にして腰痛も克服し松山英樹に追いついてもらいたいものです。
マスターズで日本人同士が優勝争いなんて夢でしょうか・・。
ラベル:石川遼
posted by yasuucare at 07:54| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月31日

タイガー・ウッズ

タイガー・ウッズも人の子であった。
決して、あの強靭で獰猛なタイガーの子供ではなかった・・。


アメリカPGAツアーのフェニックスオープンが、タイガー・ウッズの今年の初戦であったがあえなく予選落ちだ。
しかも最下位で!


腰の調子が悪く体調は万全では二とはいえ、あのタイガーが最下位での予選落ちとは・・・。
タイガー・ウッズは2日目82の11オーバーを叩き、通算13オーバーで最下位の予選落ちを喫した。
posted by yasuucare at 09:01| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

黒田博樹カープ復帰

黒田博樹が広島カープに現役メジャーリーガーとして復帰する。
将に恩返しと男の決断だ。


ヤンキースからFAとなり、去就が注目されていた黒田博樹投手(39)が8年ぶりに古巣・広島への復帰を決めたことが26日、分かった。年俸は総額4億円超とみられる。27日に正式発表される。


黒田博樹は悩みに悩み抜いた。
メジャーではヤンキースが再契約を熱望し、08年から4年間在籍したドジャースのほか、今オフ大型補強を敢行しているパドレスなど複数球団が争奪戦を繰り広げた。


中でもパ軍は最大で年俸1800万ドル(約21億6000万円)を用意し、ド軍も年俸1600万ドル(約19億2000万円)プラス出来高払いを提示。
巨額オファーで本気度を示しラブコールを送り続けてきた。


金額だけで判断するなら、答えを出すのに時間はかからない。
来年2月で40歳。
それでも21億円超の破格オファーを用意したパ軍の熱意や、家族の住むロサンゼルスが本拠地のド軍復帰に心が動いたこともあった。


今の僕があるのはカープのおかげ。いずれは帰り、恩返ししたい気持ちはある。日本に帰るならカープしかない。帰るなら、バリバリやっている時に帰りたい」
posted by yasuucare at 07:09| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

さくらミセス初V

さくらミセス初Vと「言い合いは、けんかじゃない」との半分おのろけかも?


横峯さくらが涙のミセス初Vを手にした。
最終18番でパーをセーブすると、グリーンサイドで両目をぬぐった。


4月22日にメンタルトレーナーの夫、森川陽太郎さんと結婚したが、なかなか優勝に手が届かず「結婚して成績が落ちた、という声が少なからず耳に届いていたので」という。

 
大会中は、その夫との“戦い”でもあった。
開幕前に2人で目標トータルスコアを通算16アンダーに設定したが、夫の要求は「1日7アンダー」。


出遅れ癖がある横峯へのハッパだったのだが「4アンダー×4日間で16アンダーなのに。どこまでプレッシャーをかけるんだろうと思いました」と振り返る。


旦那のメンツとプレーヤーとしてのさくらちゃんとの葛藤は慎ましく羨ましくもある感じだな・・。
posted by yasuucare at 08:25| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。