チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2014年02月25日

デュビッソン

アクセンチュア世界ゴルフマッチプレーは、オーストラリアのジェイソン・デイが優勝して幕を閉じました。


ジェイソン・デイは実力者で、マスターズなどではいつも上位に来ており、優勝まであと一歩というところでしょうか。


今回のマッチプレーの優勝も、決してフロックではなく、確率的にもそれなりのものがあったと思います。
ジェイソン・デイおめでとうです。


しかし、今回取り上げたいのは惜しくも2位になったフランスのデュビッソンです。
フランスで世界的なゴルフ選手と言えば、全英オープンであと一歩のカーヌスティの悲劇のバンデベルテを思い出しますが、あとは記憶にないですね。


今回のデュビッソンもマッチプレー初出場でした。
しかし、飛距離もあり小技もうまいのです。
特筆すべきは、ポーカーフェイスというかメンタル面がとても強いことですね。
だから、パットもここぞという時には必ず入れてきます。


今回はそれに加えて、砂漠のゴルフ場の中で枯れ木やサボテンに遮られて、不可能だと思われる状況から将に奇跡のアプローチで2度パーを拾い、デーにプレッシャーをかけたのです。
あんなショットは見たこともない、おそらく練習もできないショットでしたが、余り悩まずにスッと打ち抜いたのです。


これには、ジェイソン・デイも呆気にとられて苦笑するしかない感じでした。


こんな流れだったので、神様はデュビッソンにご褒美を下さるのかと思っていましたが、やはりデイの力が少し勝った様です。


延長23ホール目の決着までのマッチプレー、テレビの前から離れることができませんでした。
デビュッソン、ナイスプレー!!


posted by yasuucare at 08:16| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

キム・ヨナ タクアン衣装

キム・ヨナのフィギュアスケートの衣装がタクアン衣装だとネットで話題と、非難と、嘲笑と・・・。

kimu.jpg

韓国のフィギュアスケートの大スターで、銀メダルの判定に韓国から裁定に意義まで出たキム・ヨナ。
スケートの滑りは文句なく、スタイルや顔のルックスも申し分なし。
金メダルの最有力候補であったキム・ヨナだけに、ミスなくこなした判定で銀メダルとはと韓国では異常な反応がなるようです。


日本では、浅田真央ちゃんがよくやったけど残念な結果でした。
でも、国をあげてまでの抗議には多少違和感が・・・。
posted by yasuucare at 20:08| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

石川遼 7位タイ

石川遼がPGAツアーで7位タイフィニッシュだ。


米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」の最終日。
首位と3打差の6位タイからスタートした石川遼は4バーディ・2ボギーの“70”でスコアを2つ伸ばしトータル7アンダーでフィニッシュした。


一時は首位と1打差に迫ったものの7位タイに終わり、米ツアー初優勝はならなかった。
もっとも、周りの選手の調子からしてとても優勝を狙える感じでもなかったと思う。


それでも、7位タイによりフェデックスカップポイントは85ポイントを追加。2013-14シーズン合計で425ポイントとなり、来季のシード確保の一つの目安となる400ポイントを突破した。

いずれにしても、トップ10以内というのは上出来だ。
ラベル:石川遼
posted by yasuucare at 16:10| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

タイガー・ウッズ

タイガー・ウッズが今シーズンのPGAツアー初戦、3日目で79を叩いた。
自己ワースト2らしい。
予選は通ったものの3日目の79が大きく響き、最終の決勝トーナメントには進めなかった。


このファーマーズインシュランス・オープンはタイガー・ウッズが昨年優勝した縁起の良いコース。
でも、トリーパインズのサウスコースはなかなか難しい。
名だたる名手たちも苦戦している。


初日64の素晴らしいスタートを切った全英チャンピオンのスチュワート・シンクも3日目79の大崩れだ。
ミドルコースが殆ど450ヤード台とは恐れ入ったコースでもある。


タイガー・ウッズの今シーズンや如何にである。


ただ、タイガーも人の子だということがよくわかった。
我々へぼゴルファーが100以上たたいても何の不思議もないということだろう・・?
posted by yasuucare at 17:26| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

宮里優作

宮里優作が11年目にして初優勝を劇的を飾った。
まさに渾身の初優勝でもある。
どうして勝てないのだろう?本人も周りもそう思っていたはずだ・・。


米ツアーシーズンを終えて帰国している妹の宮里藍が、国内ゴルフの最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を最終日の応援に駆け付け歓喜の瞬間を見守った。


宮里藍は、最終日に崩れることの多い優作だけに応援にくることもどうかと考えたが「勝つときは勝つし、負ける時は負ける。そこはポジティブにとらえて応援に来たほうがいいと思った」と朝から会場入りし応援を続けた。


実力に恵まれながら結果のでなかった優作だが「心配はしていなかった。いつかは勝つだろうと」。


宮里優作は3兄妹の中でも一番の練習の虫で、勝利のためにコツコツと努力を重ねてきたことは小さいころから共に過ごしてきただけに誰よりもよくわかっていた。


「本人が我慢をしているのだから、周りはもっと我慢強く応援していかないといけない。結果が出ていない中でも努力を続けていくのは難しいこと。でも、自分と向き合う勇気を持っている。プロとしても兄としても尊敬しています」。と宮里藍は言う。


世の中には力があってもトップになれない選手や人はたくさんいる。
それは必ずしも本人の努力が足りないせいばかりではないだろう。
しかし、諦めて努力を続けなければ結果に結びつかないことは言うまでもない。
ゴルフ界の七不思議の一つと言われていた、宮里優作の優勝がない記録がこれで破られた。


それはゴルフへの気力が萎えることがなかったからこそだろう。
最終18番のチップインは、ダボでも優勝という気楽さもあっただろう。
しかし、ともかくやってのけたことが大きな実績となって生きてくるのだ。


来シーズンは、宮里優作の飛躍の年になるかもしれない。
石川遼や松山英樹がアメリカPGAに行ってしまった今、日本のゴルフ界を支える新たなヒーローの一角に宮里優作が間違いなく絡んでくるだろう。
ラベル:宮里優作
posted by yasuucare at 06:15| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

横峯さくら

横峯さくらが、姉の結婚式でゴルフ大会出場を辞退したら100万円の罰金が科せられるとか・・?


11月3日の時点で男子・女子とシニアの選手のそれぞれ賞金ランキング3位に入っている選手が出場することになる「Hitachi 3Tours Championship」。


その大会が12月15日に行われるのだが、2位の横峯さくらが姉の結婚式の日取りと重なるということで出場辞退を申し出たところ、罰金100万円を日本女子プロゴルフ協会から言い渡されたというもの。


“特別な理由でない限り欠場は許されない”という規定とのことなのだが、姉の結婚式は特別な理由にはあたらないのか?とネット上でも賛否両論のようだ。



アメリカPGAツアーでは、メジャー大会でも妻の出産で出場辞退ということは良くあるケース。
横峯さくらの様な有名スターの出場で観客数を稼ごうという協会の思惑だろうが、やり過ぎだと思う。
横峯さくらはゴルフ選手であるが、生身の女性であり親兄弟もいるというのは大前提のはずである。
posted by yasuucare at 07:11| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

石川遼

石川遼が今季PGA第2戦のシュラインズホスピタルで堂々の2位タイに入った。


石川遼は、最終日6アンダーの65で回り、通算18アンダーの素晴らしい成績だ。
優勝はウェブ・シンプソンで、ぶっちぎりの24アンダーだ。


さすがに実力者のシンプソンだ。
初日7アンダー、2日目8アンダーの素晴らしい成績でリードしたシンプソンは、その後も決して緩まず4アンダー、5アンダーと着実にスコアを伸ばして全く危なげがなかった。


まあ、優勝は別にしても石川遼も1日平均4アンダー以上を出したわけだから立派なものである。
2位タイの成績もフロックではない。


松山英樹の参入が大きな刺激になっているものと思われるが、2人の日本人プレーヤーはともに優勝を狙えるところにまで来ていると思う。
どちらが先に優勝するかも楽しみの一つになってきた。


ゴルフ選手の活躍は、宮里藍、宮里美香両女子プロに先を越されていた感じであったが、ようやく男子プロも
向こうのテレビに映してもらえるところまで這い上がってきたわけだ。
メジャーでの活躍を楽しみにいていたい。
ラベル:石川遼
posted by yasuucare at 09:25| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

松山英樹

松山英樹がアメリカPGA初戦で堂々の3位タイに入った。
松山英樹は最終日5アンダーの66で回り、通算14アンダーで実力通りの活躍ぶりであった。


優勝は、ジミー・ウォーカーの17アンダー、2位はビジェー・シンの15アンダーであった。


松山英樹は15番ロングホールで厳しいところを狙って2オンに成功し、イーグルパットを狙ったがやや強すぎ、結局パーに終わった。
これで優勝の目は無くなった。


ただ、上がり3ホールをバーディーで締めくくってさすがのフィニッシュであった。


石川遼も途中まで頑張ったが、最後にばてたのか最終は1オーバー、通算9アンダーの21位タイに終わった。


日本人2人のプレーが上位で見れるので、PGAツアーもますます楽しみである。
ラベル:松山英樹
posted by yasuucare at 09:53| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

松山英樹、石川遼ともに9位タイ

松山英樹、石川遼ともに9位タイで2日間を終えた。
アメリカゴルフツアーの開幕戦、フライズコムオープンは、予選の2日間を終わって日本の二人がともに6アンダー、9位タイと好発進した。


予選落ちの心配などではなく、トップ5も伺えるような成績だ。
松山英樹は2日目5アンダー、石川遼は途中までもっと良かったのだが結果的には4アンダーでともに通算6アンダーの9位タイである。


トップは、ブルックス・コプカの11アンダーだから、場合によれば決勝ラウンドで捉える事が出来るかもしれない。
ひょっとして優勝なんてことにあれば、日本中は大騒ぎだろう・・。

ラベル:松山英樹 石川遼
posted by yasuucare at 06:21| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

宮里美香

宮里美香が日本女子オープンで二度目の優勝を果たし「自分のゴルフ、一段上がる」と・・。


18番(パー5)で、下り7メートルの難しいバーディーパットを沈めると、宮里美は右拳を突き上げ、笑顔でガッツポーズ。


ただ、すぐに涙があふれ出た。国内最高峰の大会で3年ぶりの優勝を遂げた達成感と、重圧から解放された安堵がないまぜになり、感極まったのだと思う。


宮里美香は最終日、ショットが乱れラフにつかまることが多かった。
そして、前半で4つスコアを落とし、一時は並ばれリードまでされてしまった。
だが、世界で戦ってきた宮里美香には実績と言う大きな自信があったと思う。


難しい設定の日本女子オープンだからこそスコアを崩す選手が多く、我慢して耐えていけば残り3ホールでも逆転は可能だと。


最終18番の3打目はグリーンを捉えたが、とても速い下りのスライスラインでラインも読みづらい。
ただ、ここが勝負どころと言う感だけは研ぎ澄まされていたと思う。
これをキッチリと強めにヒットしてバーディーを奪った。
強い!


強豪選手の多い中、2度目の優勝は実力を証明するのには十分すぎる成果だったと思う。
あとはメジャーを制覇した姿を見せてほしいものだ。
ラベル:宮里美香
posted by yasuucare at 08:46| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。