チケットぴあエンタメチケットならチケット即ゲット!

2016年07月16日

松山英樹

悩める松山英樹が全英オープン予選落ち。


「悔しいです」。あふれ出しそうな感情を抑え込むように、松山英樹が雨に濡れた表情を強張らせた。


75位からスタートした「全英オープン」2日目に1バーディ、8ボギー「78」と崩れ、通算8オーバーの111位で予選落ちに終わった。


「何かを変えないといけないとは思う。変えないといけないことを知るためにも、しっかりと練習していきたい」。
不安をぬぐうのは練習しかない。



あまりに期待されすぎた松山英樹が味わう屈辱だろうが、やがて解消していくものと期待している。
何とか復活をしてほしい。
posted by yasuucare at 08:02| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

内藤やす子

内藤やす子は、ステージで脳出血を起こし壮絶な闘病生活を送った。


ちょうど10年前、2006年5月28日、福島市内のホテルのディナーショーのステージで倒れ、病院に緊急搬送された。脳出血だった。

 
後遺症が出た。右半身のマヒ、失語症、認識障害(状況認識できずに徘徊などを伴う)、記憶障害(夫以外のことを覚えてない)…。右半身マヒは間もなく回復したが、冷蔵庫に洋服を入れるなど奇行が目立ち、言葉もままならない。“幼児化”してしまった。


「自分が誰?って考えたこともない。そういう感情さえなかった。最初の5年間は記憶がゼロなの。だから(介護で)主人がどういうことをしたのか、お医者さんがどんな治療をしたのかも全く知らないんです」


ご主人は21歳年下のマイケル・クリスティンソンさん。牧師であり、都内で複数の講座を持つ英会話講師である。稼ぎはそう多くない。生活は困窮したが、献身的にリハビリをサポートした。


ご主人の“全力愛”によって空白の10年は徐々に埋められていった。そんな折、所属事務所から歌手復帰の話…。1年前のことである。


内藤やす子はいま毎日、散歩を欠かさない。散歩はお金がかからないし、ハハハ。そうそう、ベランダでのガーデニングもすてきよ。私、ゼラニウムが大好きなの。
内藤やす子にゼラニウムは不釣り合いかも・・?


P1000143.JPG
posted by yasuucare at 06:52| Comment(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

松山英樹

松山英樹がリオデジャネイロ五輪・日本代表入りを辞退しました。


男子プロゴルフの松山英樹が8月の「リオデジャネイロ五輪」の日本代表入りを辞退することを決めました。ブラジルなどで広がるジカ熱をはじめとした、衛生環境を懸念したのです。


松山英樹の代表辞退の理由は、ジカ熱を含むブラジル国内の衛生環境についての不安。「ジカ熱もありますし、虫に刺されたときの自分のアレルギー反応が良くなっていない。そういう不安があるところでは、まだプレーを避けたほうがいいかなと思う」と説明しました。


身の危険性を総合的に判断しての結論だから、それでいいと思います。
だいたい、ジカ熱などの危険性のあるところで屋外のゴルフをすること自体に問題があると思いますね。


それに、オリンピックで治安やテロの不安などがある環境はどんなものでしょうか?
ラベル:松山英樹
posted by yasuucare at 06:30| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

開幕前の予想覆したイチロー 

開幕前の予想覆したイチローのプレーに驚嘆です。


15日(日本時間16日)に敵地のパドレス戦で2安打を放ち、日米通算4257安打としたマーリンズのイチロー外野手です。


日米通算安打数でピート・ローズの歴代最多安打(4256本)を超えたイチローは、メジャー通算安打と2979安打とし、3000本安打まで残り21本となりました。


イチローの次なる金字塔は射程内だが、開幕前にこの好調を予想した人はいただろうか、というのがアメリカのスポーツ紙の反省です。 


まあ、50歳まで現役というスタイルそのものが型破りでしょう!
ラベル:イチロー 
posted by yasuucare at 06:57| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

D・ジョンソン初優勝

D・ジョンソンが全米オープンに初優勝しました。


D・ジョンソンの初優勝は、あの飛距離と小技の柔らかさのたまものでしょう。
体感力が素晴らしく強く、かつメンタル面でもしっかりしていると思います。


D・ジョンソンが最後にスーパーショットを見せ、初優勝を自らの手でたぐり寄せました。18番(パー4)の第2打の残り約190ヤードをピンそば約1メートルにつけたのです。


総立ちになった観客の前でバーディーパットを沈め、3打差で追っていた最終組のローリーを引き離しました。


D・ジョンソンは「ファンからこんなに多くのサポートを得られ、助けになった」。
昨年は1打差の2位に泣いた31歳ですが、ついに栄冠をつかんだのです。
posted by yasuucare at 07:54| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

井山七冠に総理大臣顕彰

井山七冠に総理大臣顕彰が手渡されました。


囲碁界初の全七冠同時制覇を達成した井山裕太七冠に対する内閣総理大臣顕彰式が16日、首相官邸で開かれ、安倍晋三首相は「我が国文化の向上発展に貢献した」とたたえ、井山七冠は返礼として「福」と書かれた扇子を首相に手渡しました。


首相は「政治の世界はなるべく先を読もうとするがなかなかうまくいかない。何手先まで読んでいますか」と質問したのに対し、井山王座は「あまり意識したことはないが、一つの道ではなく色々枝分かれし、それを比較している」と答えました。


井山七冠は顕彰式終了後、「囲碁界にとっても非常に名誉なことだ」と話しました。
人工知能(AI)との対戦に関しては「対戦するチャンスがあれば精いっぱい頑張りたい」と語り、楽しみが一層増えました。


囲碁を愛する者にとって、ますます夢が膨らむ井山七冠の活躍です。
posted by yasuucare at 08:50| Comment(0) | 文化人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

円楽 涙で不倫謝罪

円楽 涙で不倫謝罪ではありますが、落語家らしい落ちもついていて面白い。
さすが円楽ですね。


写真週刊誌「フライデー」で40代女性Aさんとの不倫が報じられた落語家の三遊亭円楽が10日、東京・帝国ホテルで会見し、報道を認めました。


ゴルフ仲間として知り合ったAさんとは「付き合って1年。浮気といえば浮気」と告白しつつ、「今後も仲間としては会う」と堂々と発言したのです。


60代での浮いた話題に「円楽から老いらくに改名する」と自虐的に話すなど、軽妙な話術もいいと思います。


Aさんとは今後も「不適切な関係はブレーキをかけるけど、ゴルフ仲間としては会う」と“交際継続”を宣言しました。


それで十分、完璧でしょう。
ラベル:円楽 不倫謝罪
posted by yasuucare at 07:26| Comment(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

モハメド・アリ

伝説のボクサー、モハメド・アリさんが3日、亡くなりました。


モハメド・アリで思い出すのは、蝶のように舞い蜂のように刺すといわれたフットワークと鋭いパンチですが、アントニオ猪木との世紀の一戦も忘れられません。


スポーツと見られていなかったプロレス界の男と、五輪金メダルをとった世界一のボクサーが試合をし、八百長で引き分けになるのではという見方もあり、一気に興味が膨れあがったのでした。


やはり強い男はいつの世でも憧れの的なのです。
posted by yasuucare at 08:07| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

ダルビッシュ、復活勝利

ダルビッシュの復活勝利は多くのスポーツマンだけでなく一般の人にも希望を与えてくれました。


ダルビッシュは最初の打者にヒットを打たれて冷静さを取り戻し、その後5回の先頭打者までヒットを許していないのです。


初回から98マイル(約158キロ)の真っすぐを投げるなど、右肘靱帯修復手術(通称トミー・ジョン手術)明けとは思えないほど、豪快に力でねじ伏せ、5回を3安打1失点で一昨年7月以来の勝利となりました。


万全の備えと自信がダルビッシュをよみがえらせたのだと思います。
まだ、この先のことは簡単には予想できませんが、さらに進化していく姿をダルビッシュが見せてくれるものと思います。
posted by yasuucare at 08:02| Comment(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

昇太−三平で「笑点」新時代

昇太−三平で「笑点」は新時代に入りました。


確かに人気番組の焦点ですが、内容がマンネリなのは安心感がある反面つまらなくも感じるものです。


桂歌丸さんの司会引退を受け、春風亭昇太さんが前週六代目の司会者に「昇格」し、三平さんがその空席を埋めました。


三平さんの父は言わずと知れた昭和の爆笑王、初代林家三平で二代目は、45歳という若さと、持ち前の明るいキャラクターが買われたようです。


時代が変わるということは新しい人たちが活躍することでもあります。
新しい笑点の新しい笑いに期待しますね。
ラベル:笑点 昇太 三平
posted by yasuucare at 07:42| Comment(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。